2009年04月27日

差別化と個性化を上手に実現・コアロハ

090427-02.jpg
 
おにぎり型のサウンドホール、、、、知っている人なら直ぐに分る個性。

そう、ハワイのウクレレブランド・コアロハですね。
 
これはしばらく前のモデルのようです。伝統的な12フレット接続のコンサートモデル。
実に木目が美しいですね。 ハワイではコアの木が”神の宿る木”と言われるのが何となく分る気がします。
 
ボーディーから指板までふんだんにハワイアンコア材が使用されています。ネックはマホガニーの様ですが、全てがウッディーで実に自然の柔らかな感じが伝わってくる楽器です。
 
090427-03.jpg
 
指板のトップ=ヘッドとボディーとの接合部(指板エンド)もこの印象的なデザインが採用されています。

たぶん、ご想像の通りパイナップルでしょうね、おそらく(笑)
 
このメーカーは本格的にウクレレを生産始めたのは1995年と聞きますから割と若いメーカーなのにすでにハワイウクレレの3大メーカーと言われてます。 作りの丁寧さと、市場での人気の高さが上手く合致している結果なのでしょうか?
 
近年は、ウクレレも多数のメーカーが参入していて過剰気味。その中において、ブランド力を発揮するにはそれなりのデザイン力が必要ですよ。 技術だけでなく自分たちの存在をPR出来る製品作りは簡単にできるものではないのに、それを高い次元で実現しいているのがコアロハなのでしょうね。
 
良い意味で、目立つウクレレです(笑)
 
posted by mi at 18:52| ☔| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

細軸な機能美・LAMY logo万年筆

090409-03.jpg
 
ドイツの万年筆メーカーと言えば、モンブランやペリカンを思い出すが、今回初めてWEBで知り、そのデザインの良さから、LAMY万年筆を購入した。
 
LAMY/ラミー logo 万年筆 ステンレスヘアライン[L006]
 
090409-04.jpg価格は6千円台だが、その使い勝手とスタイリッシュなデザインの良さを考えると大変お買い得なペンだ。
軸の太さは、約10mmほど。ステンレスのヘアーライン仕上げで滑りにくく、指紋も付きにくくて大変具合がよい。
 
ペン先は<F>で細目だが、日本製のペンで言えば中字くらいの太さがある。でも、滑らかな書き味で好感度かなり高い。このペンを購入するに前に入手したのがLAMYサファリ万円筆。なんでも毎年限定カラーを発売するプラスチック軸の安価な万年筆だったが、これが驚くような滑らかな書き味だった。
 
その書き味の良さで、いっぺんにLAMY万年筆が気に入り、このペンも購入したわけ。
どうです?
国産のペンとはひと味違ったデザインのスタイリッシュ万年筆LAMY、一本いかがですか?
 
posted by mi at 18:13| ☁| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする