2009年12月25日

2010年はいい年になるよ

091225-07.jpg
 
クリスマスも過ぎるね...
 
もう今年もカウントダウンだ

なんかつらい事、にがにがしい事ばかりだったような気がする2009年
 
2010年はきっと、いい年だよね。

ほんとだよ。

・・・・・・・・・・・・・・

 新年まで、もうあと1週間となりました。
21世紀も10分の1近く過ぎ去りましたね。
希望に満ちたはずの新しい世紀をみなさまはどのように歩いているでしょうか。
相変わらず、この星には紛争や飢餓、環境破壊がとどまる事を知りません。
 
 もっと、もっとという人間の欲望は、進化のために必要な力ですが、理性を欠くとそれは破滅へつながる落とし穴のような気がします。
 
 大好きなデザインというツールが人間の相互理解と平和を築く推進力となれるように、まずは皆様や地域社会に貢献できるように2010年も知恵を絞って行きたいと思います。
 
 どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。
091225-08.jpg 
posted by mi at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

デザインを資産と考えられる人

090817-04.jpg僕の大好きなグラフィックデザイナー、佐藤卓さんの著本"クジラは潮を吹いていた。"からの逸話。
 
この本の中で、もっとも印象深いページに、「予め進化する事を前提としたデザイン」...34pがある。
事業の中で大切なブランディングを支えるのは、その企業のものづくり姿勢とともにそれを社会へ知らしめるマーケティングが両輪だろう。
 
佐藤卓さんは、企業に問いただしている...「デザインは使い捨てにする事も出来ますが、財産として残す事も出来ます。どちらを選びますか。」...このように聞かれたら前者を選ぶ事など出来ないのだが、後者の考え方の本質を理解している企業のマーケティング担当者がどれだけいるのだろうか。

その本質を知っている企業こそが、現代のように情報が飽和している社会の中で生き残っていくのだろうと考える。
 
つまり"デザインを資産にする"事は時間のかかる作業であるが、それが開花した時の効果はそれを考えていなかった企業に大きなアドバンテージを持つ事になるからだ。その時に気がついても遅いのだ。

posted by mi at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

おすすめな本:クジラは潮を吹いていた。

写真は、僕の大好きなグラフィックデザイナー・佐藤卓さんの著本です。佐藤さんが"佐藤卓論"が書かれています。
 
090810-02.jpg高い評価のデザインを創作するデザイナーは皆個性が強いものです。それぞれのデザインへの持論も百花繚乱に近いです。でも表現やテーマは違って、それぞれの持論は実務を通じて発見したもの...デザイナーとは、まるで多くの臨床の上に成り立つ医学にも通じます。
 
この佐藤卓さんの持論に、大変共鳴できる一文があります、それは次の通り...
 
〜多くの人が関わり多くの意見を汲み入れる事はデザインで最も大切なことであるが、『デザインの決定においては民主主義はあり得ない』

・・・・・・・・

佐藤卓さんの『クジラは潮を吹いていた。』と言う著本の中の逸話にこんなテーマがある。

〜多くの人がデザインに参加して、それなりに仕上げたデザインで成功したためしがない〜...と佐藤氏は言い切る。
 
一見、市場原理や消費者の意見を無視したかのようなこのメッセージは裏側を読まなければならない。
 
商品やサービスを消費者の琴線に応えるようなデザイン戦略は当然の事とした上で、要はデザインを開発する側の多様が問題だと言っている。
製品などの開発部署にとどまらず、責任をとらない、とれないような部門の人間がデザインに口をはさむことは、骨のある、コンセプトの芯があるデザインをあやふやにしてしまうのだと理解した。それだけ、デザインを開発する物は一心不乱にそのメッセージをとぎすませているのだ。部外者がその濃密な戦略に口を出せば、結果はおのずと見えてしまう。
 
090811-01.jpg実際、佐藤卓さんが手がけた仕事の中で、僕なりに最高傑作のひとつだと思っている仕事がある。それは、ロッテのキシリトールガムだ。いち早く"虫歯なならない甘味料キシリトール"という成分に注目し、それを商標として確保していた会社にも先見の明があるが、そのデザインとしてキシリトール=ロッテガム...という確然たるブランディングへ成長させたのは、あのデザインの力によるものだ。
 
デザインには、『変える(捨て去る)勇気』よりも、時として『変えない(育てる)勇気』のほうが良い場合が多い。

佐藤卓さんの『クジラは潮を吹いていた。』と言う著本、これはおすすめです!

posted by mi at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

デジカメの自由アングル台

091210-02.jpg
 
Manfrotto カメラスタビライザー 797 Modopocket というアイテムの紹介
 
小さなデジカメを持ち歩いていて、自分撮りや仲間たちとの集合写真を撮りたいと思った時にデジカメの置き場所、置き方(アングル)に困った事はないだろうか?

この商品は、カメラ三脚穴を利用して、三面鏡のように開く脚でカメラを自由にアングルを変えられるという商品だ。

メカ好きにはちょっと響くデザイン(?)で、三脚への固定ビスが赤く着色されているのがアクセント!

アルミではないようで、小さいけどちょっと重みを感じるが、表面はチタンカラーと黒でシックにまとめられている。 取り付けはカメラ側の三脚穴へ赤いビスで固定する。 固定には硬貨などでOKだ。

091210-03.jpg 091210-04.jpg

脚の開き具合は適度なフリクション(重さ)があって、自由な角度でカメラを固定できる。また取り付けの角度を変える事でカメラの仰角ではなく傾きにも対応する。ただし三脚の雲台のように2次曲面的な角度の調整は出来ない。

これがあれば、街角やフィールドにおいても凸凹な置き場所でもカメラを安定して保持できる。 結構アイディア製品だと思う。
 
そして製品自体に三脚穴があるので、カメラに付けたまま三脚も利用可能。ただし、最近の小型化したデジカメにはやや大きめでそのまま持ち歩くのはちょっと?? コンデジでもややボディーの大きいNIKONクールピクス P6000とかCANON PowerShot G11などにはジャストフィットするかも知れない。
 

 
posted by mi at 10:43| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

私達がお手伝いできる事

伝えたい情報を伝わる形にデザインします!

1. WEBコンテンツの制作からサーバー活用までご提案できます。
2.
印刷物の企画製作を予算に合わせて効率よく制作します。
3.
商品や事業のイメージアップの戦略と具体策を提供します。
4.
販売促進のためのデザインを多彩なメディアで制作できます。
 

posted by mi at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

私達が得意な作業

HPやブログの構築や管理作業 
 
1. 初めてのホームページやサイトリニュアルを効率よく制作
   ブログをメインにしたサイトの提案と企画制作
    →http://newitaya.com/
    →http://ota-love.net/
    →http://onct-kouenkai.net/
    →http://ashikaga.info/
   汎用(無料)ブログ等のコーディネイト
    →http://ryomodaiko.seesaa.net/
    →http://summitlace.seesaa.net/
 
2
.
ホームページやブログの運用と活用支援・サイト管理更新もOK
    →http://www.roa-cake.jp/
    →http://www.2-ishii.com/
 
3
.
印刷物や販促と連動したサイト設計やコンテンツの制作
         →http://iteps.com/
 
posted by mi at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

私達について

chief.gif

初めまして、私はデザインオフィス・サクセスの三村と申します。

20数年間デザインの仕事をしています
とくにこの数年はWEBデザインやサイトの設計や管理をお手伝いさせていただいています。

さて、皆様はホームページのをどのようにお考えでしょうか?

とくにビジネスに役立てたいとお考えの方なら、ホームページに大きな可能性を期待されていることと思います。

私も同感です!

ホームページを作ってビジネスのPRや商品の販売で効果を上げたいとお思いになる事でしょう。

でも事はそう簡単にはいきません!

この10年でインターネットの技術もコンテンツも飛躍的に発達してきました。ホームページを検索してみれば分かるように星の数ほどの情報があふれています。そのような情報過多の中で皆さんのホームページを立ち上げ、アクセスを高め、ファンを増やし、売上を上げる、というプロセスには目には見えない努力と試行錯誤が必要です。

成功のためには、“時間”と“経費”もかかります。でも一番重要なのは「成功させる信念=情熱」です。

良く、「経費=金をかけないなら時間をかけて自分でやれ」、「タイムリー=時間を置かずにやるには金を出して人に頼め」などと言われます。これはあたっているようですが的を外しています。多大な経費をかけてサイトを構築したけど更新も無く自己満足的な結果に終わったり、インターネットを独学で勉強しながらコツコツとページを作ってきたけど一向にアクセスが上がらない....などはその結果とも言えます。


これまでのビジネスのノウハウを活かして、インターネット向けに応用展開してゆくこと

ビジネスの基本を知らないで、インターネットの世界だけ成功することはめったにあることではありません。皆様がこれまで培ってきた商売のノウハウ、経験、セオリーは十分インターネットの世界でも通用するはずです。商売の基本は“人と人を信頼関係でつなぐこと”です、当然ネット社会でも信頼関係は最重要ポイントになります。ただ、ネット社会では互いの顔が見えないだけに信頼を得るためにそれなりのコツと努力が要ります。メールのやりとりなども“即応性”のメリットを生かすために機敏な対応と誠実さが必要です。そのようなネット社会のコツやポイントをしっかり押さえてゆけばきっと確かな手応えを得ることが出来るでしょう。

HPはけっして大企業や国際ビジネス向けだけのツールではありません。これからは小企業、地域経済の運営に大きな力になります。

国際トレーディングやブランド力を持つ企業の販促にも大活躍しているインターネットですが、SOHOや小さな企業、そして地域の経済活動などでも飛躍的にその役目を広げています。“あなただけにしか作れない、出来ない商品やサービス”、“その地域でしか作れない、採れない商品や作物”...このようなものはインターネット向きのアイテムです。

“多様化する消費者のニーズ”、“ものを選ぶ基準の高さ”に訴えられる人間味あふれるホームページづくりをめざしましょう!

多くの消費者が大量消費商品やアイテムよりも自分だけの目的や趣向に合致するものを探しています。そのツボに引き込むには、無機的より有機的、機械的よりも人間的な信頼感を発信できるページに仕上げることが大切です。あなたのホームページにあなたの人間味を反映できればかならずネットでのビジネスを成功に導くことが出来ると思います。さあ、決意を固めたらホームページづくりを始めてみましょう!

わたくしは、そんなあなたの情熱あふれる決意と希望を具体化してゆくお手伝いをしたいと願っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


posted by mi at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 私達について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

会社概要

社名
有限会社サクセス
所在地
栃木県足利市利保町1-3-3 ジャスティスB-104
代表者
三村耕平
TEL
0284(40)3939
FAX
0284(40)3940
E-mail
こちらからどうぞ
 
 
history
 
1981年
・東京デザイナー学院卒業
1991年

・有限会社サクセスを設立
・栃木県デザイン協会入会
1992年
・Macintoshを導入。
1993年
・デジタルデザインの研究始める。
1994年
・JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)に入会。
1996年

・JAGDA栃木"デザインの不思議力'96
・富山国民文化祭”国際ポスター展”に参加する。
1997年

・JAGDA主催の世界文化遺産ポスター展
・JAGDA栃木"デザインの不思議力'97に参加。
1998年



・WebDesignを推進するスタジオとして日経デザインに掲載される。
・足利商工会議所の支援を受けて地域企業検索サイト
 “わたらせゆうあい図鑑”をスタート
・同年12月DAT主催のデザイナー達のクリスマスに参加
1999年


・1月県立足利工業高校にて“デザインの力”として1日授業を行う
・栃木県デザイン協会専任理事に就任
・足利デザイン協会の発足に参画する
2000年




・足利商工会議所推進のあしかがリンクタワー21
 (地域企業総合リンクサイト)の制作協力を行う。
・DAT総会シンポジウムにて講演する
・Web Designを推進するスタジオとしてとして日経デザインに再度掲載。
2001年
・足利市民会議“空き店舗対策委員会”に参加する。
2002年
・足利工業大学“Webデザイン”非常勤講師に着任
2003年
・足利市空き店舗活用事業『ビギン・プロジェクト』に参画
2004年



・足利市空き店舗活用プロジェクトにて
 カルチャースクール「ヌーベルスクエア足利」を開店。
・足利市、太田市にてまちなか活性プロジェクトで支援活動開始
・足利商工会議所-まちなか活性特命委員会の市民委員を任命
2005年

・足利工業大学、上智大学連携講座
「Theあしかが学2005年〜新たなる発見をもとめて〜講師を担当」
2007年
・足利工業大学、上智大学連携講座
「Theあしかが学2007年〜新たなる発見をもとめて〜講師を担当」


 
 
※私の活動や履歴をご紹介した記事等です。ぜひ一度ご覧になっていた
 だけるとうれしいです。

※各ウインドウは新規で開きますので、ご覧になった後は閉じてください。
 

posted by mi at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする