2008年06月26日

イタリアの日差しが似合うPuerBlue

gios-01.gif
2005年秋に購入したまま、部屋で眠らせている青い自転車-GIOS PURE DROP
もう1年以上乗っていないなぁ。。。。

シクロクロスタイプの自転車で、ロードほどタイヤは細くない。だから多少の不整地でも走れる。田舎に住んでると舗装の良い路面ばかりじゃないので、これを選んだ。
 
gios-02.gif
フレームのこのブルーが何とも気に入った。地中海に空の青さも映したような鮮やかなPUER BLUEと勝手に解釈してる。。。

フレームはアルミ合金で車体重量は10kgだ。スポーツタイプの自転車としてはごく一般的。でも10kgあたりの重量から1kg軽いモデルを選ぼうとすると5〜10万単位で価格がアップしてゆく。8kg前後の車体重量のスポーツサイクルは、20万円はする。

この自転車は、約10万円、で重量も10kgと、非常にバランスがよろしい。
デザインもイタリア車らしく、なんとなく陽気で、無邪気なイメージがする。カラーのBlueも意地悪な見方をすれば、ちょっと軽めな、おもちゃっぽい色。

でも、、、そのブルーの車体は、ひとたびフィールドの中で見ると、これが存在感が高まる。自転車ってパイプの組み合わせで、たいした面積がないから地味な塗装は全く目立たない。ちょっと”ド”がつくくらいインパクトがあった方が”◎”なわけだ。その方程式にぴったり符合するのが、このイタリアンサイクルだ。

さて、梅雨の晴れ間を狙って、久しぶりにこいつで出かけてみますか!

その前に、日本サイクリング協会に加入しなくちゃ。4.000円会費で自転車総合保険にも加入できるし!
自転車での時速30kmとかは、かなり危険が潜んでますからねぇ。


posted by mi at 12:14| ☔| Comment(0) | デザイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。