2009年06月23日

真似が出来ないアイデンティティ

090623-03.jpg
 
数年ぶりにあたらしいMacを導入した。前回はG4の15インチPowerBookだったかな...。
 
今回は初めてのintel Macです。
 
販売店では、最近のiMacやMac Book, Mac Book Pro などを見ていたけど、田舎の量販店ではあまり売れない(?) Mac miniは置いていなかった。 この数年もそうだけど、やっぱりappleっていう会社は、個性が強い。
 
デザインの仕事でMacを知ってからもう20年になるだろうか...。 あの当時も、今もMacintosh(最近はこのブランド名はやめたらしいね)として独自の世界観をもっていることは凄い事だね。 多くのPCのハードウエアやあの巨人・●●●●●softのOS開発にさえ、影響を与え続けているappleはIT業界のパイオニアだ。
 
このMac mini にも驚かされた。
 
090623-04.jpgずっしりと重いこの大きさに、PCの機能を集約した事もすごいけど、、、、そのデザインは、もうその他のPCメーカーが近づく事さえ出来ないような孤高なスタンスさえ感じる。
 
だって、そうでしょ? ユーザーに簡単に内部にアクセスさせないような頑固なまでな主張。
それは、まるで... 「ハードウエアは購入時にあなた自身で拡張性を選んで、あとは作り手に任せてください!そのかわり、十分な使い勝手は約束しますから、あなたはあなたのPCライフを十二分に楽しんでください」...と言っているようでしょう。
 
たしかに、まだまだPCの技術や機能革新は続いていて、2,3年もすると大抵のPCは過去のものになりがちで、それを補うために”拡張性があります!”っていうオブラードに包んで消費者にアピールする。 大抵のPCは、そのためにあちこちにネジが見えていて、凸凹な筐体になり、デザイン性も未熟で、夏モデル、冬モデル、、、とか言って目先を変えないと売れないのだろうけど、appleはスタンスがちょっと違う。
 
この数年の消費者への浸透は、凄い物がある。これまでPCに直接関係していなかった極めて若い世代やWindows層の人たちまで凌駕するようなパーソナル機器の開発と普及。 そしてそれらがソフトの開発と一体化していて、親和性の高いappleのパソコンもそれなりの売上げを築いた。
 
その大きな原動力は、他の真似をしない、オンリーワンが主張できるデザイン性とコンセプトだと思う。
 
この小さなMac mini にもそれを感じるな.....。 背面を見ただけで、小さなボディーに似合わないようなたくさんのコネクター類。 しかも、それが配置や仕上げまでしっかりデザインされ、ため息が出るほどに美しい。 背面にまでデザインを完璧に処理するようなメーカーは、他に見あたらない。 それがappleというメーカーなのだ。
 
自分は仕事で、この数年Winに関わる時間の方が長いけど、リンゴマークから本当に離れる事が出来ないのは、appleがそうした孤高なメーカーだからだ。
 やるな、apple!
 


posted by mi at 10:53| 🌁| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。