2009年12月08日

私達がお手伝いできる事

伝えたい情報を伝わる形にデザインします!

1. WEBコンテンツの制作からサーバー活用までご提案できます。
2.
印刷物の企画製作を予算に合わせて効率よく制作します。
3.
商品や事業のイメージアップの戦略と具体策を提供します。
4.
販売促進のためのデザインを多彩なメディアで制作できます。
 

【関連する記事】
posted by mi at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

私達が得意な作業

HPやブログの構築や管理作業 
 
1. 初めてのホームページやサイトリニュアルを効率よく制作
   ブログをメインにしたサイトの提案と企画制作
    →http://newitaya.com/
    →http://ota-love.net/
    →http://onct-kouenkai.net/
    →http://ashikaga.info/
   汎用(無料)ブログ等のコーディネイト
    →http://ryomodaiko.seesaa.net/
    →http://summitlace.seesaa.net/
 
2
.
ホームページやブログの運用と活用支援・サイト管理更新もOK
    →http://www.roa-cake.jp/
    →http://www.2-ishii.com/
 
3
.
印刷物や販促と連動したサイト設計やコンテンツの制作
         →http://iteps.com/
 
posted by mi at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

私達について

chief.gif

初めまして、私はデザインオフィス・サクセスの三村と申します。

20数年間デザインの仕事をしています
とくにこの数年はWEBデザインやサイトの設計や管理をお手伝いさせていただいています。

さて、皆様はホームページのをどのようにお考えでしょうか?

とくにビジネスに役立てたいとお考えの方なら、ホームページに大きな可能性を期待されていることと思います。

私も同感です!

ホームページを作ってビジネスのPRや商品の販売で効果を上げたいとお思いになる事でしょう。

でも事はそう簡単にはいきません!

この10年でインターネットの技術もコンテンツも飛躍的に発達してきました。ホームページを検索してみれば分かるように星の数ほどの情報があふれています。そのような情報過多の中で皆さんのホームページを立ち上げ、アクセスを高め、ファンを増やし、売上を上げる、というプロセスには目には見えない努力と試行錯誤が必要です。

成功のためには、“時間”と“経費”もかかります。でも一番重要なのは「成功させる信念=情熱」です。

良く、「経費=金をかけないなら時間をかけて自分でやれ」、「タイムリー=時間を置かずにやるには金を出して人に頼め」などと言われます。これはあたっているようですが的を外しています。多大な経費をかけてサイトを構築したけど更新も無く自己満足的な結果に終わったり、インターネットを独学で勉強しながらコツコツとページを作ってきたけど一向にアクセスが上がらない....などはその結果とも言えます。


これまでのビジネスのノウハウを活かして、インターネット向けに応用展開してゆくこと

ビジネスの基本を知らないで、インターネットの世界だけ成功することはめったにあることではありません。皆様がこれまで培ってきた商売のノウハウ、経験、セオリーは十分インターネットの世界でも通用するはずです。商売の基本は“人と人を信頼関係でつなぐこと”です、当然ネット社会でも信頼関係は最重要ポイントになります。ただ、ネット社会では互いの顔が見えないだけに信頼を得るためにそれなりのコツと努力が要ります。メールのやりとりなども“即応性”のメリットを生かすために機敏な対応と誠実さが必要です。そのようなネット社会のコツやポイントをしっかり押さえてゆけばきっと確かな手応えを得ることが出来るでしょう。

HPはけっして大企業や国際ビジネス向けだけのツールではありません。これからは小企業、地域経済の運営に大きな力になります。

国際トレーディングやブランド力を持つ企業の販促にも大活躍しているインターネットですが、SOHOや小さな企業、そして地域の経済活動などでも飛躍的にその役目を広げています。“あなただけにしか作れない、出来ない商品やサービス”、“その地域でしか作れない、採れない商品や作物”...このようなものはインターネット向きのアイテムです。

“多様化する消費者のニーズ”、“ものを選ぶ基準の高さ”に訴えられる人間味あふれるホームページづくりをめざしましょう!

多くの消費者が大量消費商品やアイテムよりも自分だけの目的や趣向に合致するものを探しています。そのツボに引き込むには、無機的より有機的、機械的よりも人間的な信頼感を発信できるページに仕上げることが大切です。あなたのホームページにあなたの人間味を反映できればかならずネットでのビジネスを成功に導くことが出来ると思います。さあ、決意を固めたらホームページづくりを始めてみましょう!

わたくしは、そんなあなたの情熱あふれる決意と希望を具体化してゆくお手伝いをしたいと願っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


posted by mi at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 私達について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

会社概要

社名
有限会社サクセス
所在地
栃木県足利市利保町1-3-3 ジャスティスB-104
代表者
三村耕平
TEL
0284(40)3939
FAX
0284(40)3940
E-mail
こちらからどうぞ
 
 
history
 
1981年
・東京デザイナー学院卒業
1991年

・有限会社サクセスを設立
・栃木県デザイン協会入会
1992年
・Macintoshを導入。
1993年
・デジタルデザインの研究始める。
1994年
・JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)に入会。
1996年

・JAGDA栃木"デザインの不思議力'96
・富山国民文化祭”国際ポスター展”に参加する。
1997年

・JAGDA主催の世界文化遺産ポスター展
・JAGDA栃木"デザインの不思議力'97に参加。
1998年



・WebDesignを推進するスタジオとして日経デザインに掲載される。
・足利商工会議所の支援を受けて地域企業検索サイト
 “わたらせゆうあい図鑑”をスタート
・同年12月DAT主催のデザイナー達のクリスマスに参加
1999年


・1月県立足利工業高校にて“デザインの力”として1日授業を行う
・栃木県デザイン協会専任理事に就任
・足利デザイン協会の発足に参画する
2000年




・足利商工会議所推進のあしかがリンクタワー21
 (地域企業総合リンクサイト)の制作協力を行う。
・DAT総会シンポジウムにて講演する
・Web Designを推進するスタジオとしてとして日経デザインに再度掲載。
2001年
・足利市民会議“空き店舗対策委員会”に参加する。
2002年
・足利工業大学“Webデザイン”非常勤講師に着任
2003年
・足利市空き店舗活用事業『ビギン・プロジェクト』に参画
2004年



・足利市空き店舗活用プロジェクトにて
 カルチャースクール「ヌーベルスクエア足利」を開店。
・足利市、太田市にてまちなか活性プロジェクトで支援活動開始
・足利商工会議所-まちなか活性特命委員会の市民委員を任命
2005年

・足利工業大学、上智大学連携講座
「Theあしかが学2005年〜新たなる発見をもとめて〜講師を担当」
2007年
・足利工業大学、上智大学連携講座
「Theあしかが学2007年〜新たなる発見をもとめて〜講師を担当」


 
 
※私の活動や履歴をご紹介した記事等です。ぜひ一度ご覧になっていた
 だけるとうれしいです。

※各ウインドウは新規で開きますので、ご覧になった後は閉じてください。
 

posted by mi at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

Ovationのテナーウクレレ

091025-01.jpg
 
写真はエレアコで人気を博するOvationブランドのテナーサイズウクレレ(エレウク)です。
 
ほとんど同じように見えますが、実は別物。
左はApplause by Ovation、右はCelebrity by Ovationということなるメーカーの製品です。

製品監修というかブランド名に”Ovation”という名称が使われていますが、それぞれ個別のメーカーが提供している”Ovation”テイストの製品というところでしょうか。
 
こまかな違いはあるのですが、それぞれ”Ovation”ライクな持ち味を持っていますからファンには心揺さぶられる所があるでしょうか?
 
楽器としてのジャンルはウクレレですが、生音よりも、やはりラインアウトを前提にした機能の方が優れているように思います。 プリアンプを内蔵しているので、色々な音作りを出来ますし、大きなサウンドを取り出す事も出来ますから、、、、。
 
ステージ演奏をしなくても、この姿はそのままんま”Ovation”デザインですし、その雰囲気は十分に伝わるウクレレになっています。
 
posted by mi at 12:13| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

ちょっとスマートなウクレレ

090903-01.jpg

家具ではごく一般的な、ウォールナット材が使われたウクレレはどんな音質なのだろう?

そんな疑問に答えてくれそうなのが、この、、、T's Ukulele MT-720pf Cury Walunut (写真の下)です。

弦長は一般的なコンサート(380mm前後)とテナー(430mm前後)のちょうど中間で403mmあります。日本で標準サイズと言われるソプラノウクレレ(いわゆる、ウクレレ)は弦長が350mm前後ですから、それよりも5cmくらい長いですね。

このウクレレは、ウクレレらしいひょうたん型なボディー(写真上)ではなく、釣り鐘型(ベルシェイプ)と言われるデザインで、しかも演奏性を高めるためにネックを長めにセッティングしてあります。 その性もあって、普通のウクレレよりもギターっぽいデザインです。
 
実際に音質も、可愛らしいポロポロ鳴るウクレレの感じではなくて、ややギターよりな音感がします。でも前回紹介した、茶位ウクレレはさらにギターっぽくて、こちらの方がまだウクレレらしさを残しています。 小さくても楽器然とした雰囲気を出していて、その音色もハワイアンと言うよりもジャズやボサノバっぽい楽曲に似合うかなと言う感じです。
 
家具でのウォールナット材のような杢目ではなく、トラ目がしかり出ていて、このあたりにも楽器らしい雰囲気が出てきていますね。
 
posted by mi at 14:29| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

ウクレレの音質をデザインする形

090819-03.jpg
 
2台のウクレレ...、形が違うとおり、音質も違う。
 
左は、茶位ウクレレでまるでドレッドノート ギターのような形で、やっぱり音質はギターに近いようなメリハリのある、アタック感の感じる音質です。
 
右は、T'sウクレレで伝統的なひょうたん型に近い形(やや幅広に感じますが)で、ウクレレらしいコロコロ感のある明るい音感です。
 
どちらもウクレレの標準型であるソプラノサイズよりひとまわり大きな”コンサートサイズ”です。昨年秋から今年冬に放送されたNHKの趣味悠々・ウクレレ講座で教材としてお勧めされていた大きさのウクレレになります。
 
この”コンサートサイズ”は標準のソプラノに比べてひとまわり大きいだけで、左手のコードの押し弦も窮屈感が緩和されたり、音量も豊かになったり、メリットが大きいです。 標準サイズのウクレレらしいかわいらしさも残しつつ、演奏性の良さを考えるとこのサイズになりますね。
 
090819-05.jpg上記の形の中間にこんな形のウクレレもあります。これは、ハワイのウクレレに多い形で、どちらかというフラダンスなどの伴奏用にストロークである程度の音量が出るようにデザインされているようです。 

コロコロとした明るさとともに、音量とアタック感を優先するとこのようなハワイアンシェイプになるのでしょう。
 
ウクレレにも音をデザインする(決める)デザインがあって、面白いですね。
 
posted by mi at 12:15| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

どこまで携帯は進化する・SH-05A

090807-01.jpg
 
2年ぶりに携帯をチェンジしました。SONYが携帯から撤退したので、比較的'デザインのよいSH-05Aという機種。
 
自分的にいちばん美味しい機能は防水。
 
釣りなどで水辺に行く機会が多いので、機種変更をするなら防水モデルをと決めていた。それにこのモデルのカメラは800万画素とか、、、ほんと!かよ?って感じですね。
 
日本の携帯の多機能・高機能化はどこまで進むんでしょう?!
 
appleからiPhoneが供給されてから、ここ数年沈滞気味だった日本の携帯市場が活性化してきたような気がします。 しかし、それにしても、日本の携帯はたくさんありすぎ! 機種変更する度に、モデルの多さ(新旧いりまじって)や、プランの複雑さなどに目が回ります(笑)
 
今回選んだ、SH-05Aは色々迷ったあげく、防水機能、カメラ機能、デザインに注目して決めた。本来ならば老眼が来てるし、黒ではなく明るめな色を希望したのだが、他の気に入った色がなかったのは残念。 そして、このグロス塗装の黒はお店の明るい照明下で見た目はクールで良かったが、家に持って帰ると、手の脂やホコリで汚れが目立つ事、目立つ事!!
 
液晶面、トップ面が広いガラスっぽいデザインだし、カメラ面の電池フタも黒グロスでピカピカ、、、当然一度触れば指紋がべったり! 黒いからよけいにそんな汚れが目立ってしまう。 白にすれば良かったかな、、、、でも、白はちょっと安っぽかったし、、、、好きなシルバー系の塗装がなかったのが悔やまれる。
 
しかたなく、汚れの目立ちにくい”カーボン柄カッティングシート”を電池フタ部分に貼った。
 
090807-02.jpg
 
まあ、なんとなく、、、、って感じだけど、指脂がギトギト目立つよりは、いいかぁ....って感じ。 N-04A(スライド携帯)のような金属っぽいマット加工の方が断然良いと思う。 グロスで、ぎらぎら、ピカピカは趣味が良くないですよ、、、、シャープさん!!
 
次の機種変更の頃には、タッチパネルでスライド式で、防水機種の登場を願っています!
 
posted by mi at 10:38| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

Dell Vostro 1320ノートをドレスアップ

090805-003.jpg
 
XP Proを搭載したノートを予備で1台持っておきたくて、Dell Vostro 1320ノートを購入した。
 
手にしてみて必要にして十分な機能と能力を持ったビジネスノートで良いのだが、いかにもお仕事用、シンプルなルックスはチープで我慢できない(笑)
 
色々考えたあげく、10年ほど前に黒いPowerBookにシルバーのカッティングシートでドレスアップして楽しんでいた事を思い出した。 その経験をいかして、ホームセンターで以前見かけて、機会があったらスカって見たいと思っていた”カーボングラファイト柄カッティングシート”を使用してドレスアップをしてみた。

090805-001.jpg 090805-002.jpg
 
左は使用前、右が使用後(笑)
 
素っ気ないつや消し塗装のパームレストに”カーボン柄カッティングシート”を張っただけなのに、かなり雰囲気がゴージャスになりました(笑)
 
つや消しとそうのパームレストはどのみち、1年も使えばテカリが出てしまって、しょぼい見映えになるのは分ってますね。 なのでグロス塗装のような艶のある”カーボン柄”は結構見た目度がアップしますよ!
 
10万円以上、15万円も出すとパームレストがアルミ素材などのグレード感の高いモデルも買えますが、DELLのネット販売の安価な製品では当然見映えも価格なりです。 この”カーボングラファイト柄”カッティングシートのドレスアップは、かなり使えますよ。 お試しあれ(笑)!
 
posted by mi at 14:25| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

50年ぶりの新PENシリーズ登場

090706-02.jpg
 
オリンパスが50年ぶりのPENシリーズを復活した。オリジナルサイトはこちら

で、そのイメージアップはやっぱり宮崎あおいちゃんなんだ...。 今をときめく女優さんだからね。
でも、ちょっと頼りすぎなんじゃない??オリンパスさん(笑)
 
それにしてもオリンパスらが提唱するフォーサーズサイズのデジカメ規格がこんな風に展開してきたのは、ちょっと面白い。 でかい、不格好、、、なデジタル一眼カメラの肥大化に一石を投じるカタチで、オリンパスやパナソニックがフォーザーズ規格を作り上げていたが、何となくそれ以外の規格との差別化がハッキリしなかった。
 
キャノンやニコンのカメラ界の雄は、正統的に35mmカメラを踏襲した規格で現在はフルサイズ受光部を売りにして高解像度やレンズの汎用性を武器に優位に立っている。
 
一方のフォーサーズ連合は、コンパクトさを武器にして手のひらサイズのコンパクト一眼を標榜しているのだが、何となくこれが中途半端な大きさなのだ。 プロ志向はキャノンやニコンを選ぶとして、いわゆる趣味の写真家やデジカメコンシェーマー層に訴えるべきフォーサーズの商品としては、魅力ある物が少なかったのは事実。

純粋なフォーザーズ規格ではないが(レンズ交換式ではないので)、フォーサーズ並のサイズの受光部を積んだ高級コンパクトデジカメとしてシグマのDP12008年春に登場した。 それに触発されたのか(?)さらに小型化が進んだマイクロフォーサーズ規格が生まれた。
 
そこに登場した、このPENデジタルは結構インパクトがあるかも...
 
090706-03.jpg 090706-04.jpg

50年代〜60年代にかけて日本中を席巻したハーフカメラ・OLYMPUS PENシリーズの販売台数は半端じゃなかった!そしてそれらの可愛らしいカメラを記憶している人たち(団塊の世代)がいま、退職後の時間を探している....まことに、ぴったりのタイミングだし、新しいカメラファンの若い世代も巻き込んで、あらたなPENファンを創ろうというのがオリンパスの狙いだろう。
 
だから、宮崎あおいちゃんなのだろうね....笑
 
ちょうど60年代にあった世界採用・ハーフ一眼のオリンパスPEN・Fシリーズに通じるような雰囲気と大きさ、まさにデジタル時代の新たなPENというイメージだ。 まだ、レンズは2種類ほどだけど、今後の発展に期待が持てそう。
 オリンパスの野望が実を結び、高級コンパクトデジカメの世界を作り上げられるか、さてどうなりますか...楽しみになってきましたね。
 

posted by mi at 10:20| ☔| Comment(0) | デザイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする