2009年06月27日

高級コンデジのブーム始まる?

090627-001.jpg
 
オリンパスから懐かしい”OLYMPUS PEN”の名を冠したあたらしいデジカメが発売される。

金属ボディーにレンズ交換式のコンパクトな一眼デジタルだ。
 
メーカーからは、そのコンセプトは「OLYMPUS PEN F」の流れをくむような事が書かれている。僕も所有しているが、OLYMPUS PEN FやOLYMPUS PEN FTは、世界で唯一のハーフカメラとしての一眼レフだった。
 
”OLYMPUS PEN”シリーズは、ハーフカメラとしてのメリットを生かして、気軽にメモをとるようにスナップ写真を撮影できることがコンセプトだった。現像やフィルム代も高価だった時代に、2倍の撮影が出来るそのメリットは大きく、庶民のカメラとして一気にブレークした。
 
そのコンセプトは、コンデジの全盛期を迎えた今の時代にもそのまま当てはまる。
 
だからこそ、OLYMPUS PEN DIGITAL...なのだろう。 しかも現在飽和状態のコンデジ市場でどう切り込むのか、、、その答えが、高級コンパクト一眼なのかな。 このモデルのデザインは確かにPEN FTに似ている。 軍幹部のアールや2段プレスの形状などは、そのままんまのような気もするし。
 
オリンパスが一貫して追及しているのは、昔も、今も「コンパクトで高性能な誰もが使える普及機」なんだろうなと思う。
でも、このデザイン、そこそこ良いけど、まだ煮詰めの甘い部分があるよ! 正面のグリップの位置や大きさ形状は、その他の部分と共鳴していない。 とってつけたようなデザインは??だ。
 
090627-002.jpg 090627-003.jpg
 
実際、サードパーティー製の張り革キットが同時に発売されるようだけども、、、それをボディーに貼った、ツートンのルックスの方がまだハーモーニーとしてましなルックスに変わるね。 真っ黒なタイプも近日発売されるような噂も出ているけど、自分は張り革キットを装着したツートンの姿の方が好きだな....。
 
それでも、まだデザインの完成は、次のモデルチェンジまでお預けかな?? いずれにしても懐かしい”OLYMPUS PEN”のブランドが、いまこのデジタルの時代によみがえったのは、大変うれしい。
 
Olympus PEN E-P1 ブラック貼り革キット 近日発売
http://blog.livedoor.jp/e_p1/

E-P1|デジタル一眼カメラ|オリンパスイメージング
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/ep1/

 (OLYMPUS PEN)のスペシャルサイト
http://olympus-imaging.jp/pen/index.html

[イベント][サンプル展示] OLYMPUS E-P1 タッチ&トライセミナー
http://www.foobarbaz.jp/2009/06/sample-olympus_e-p1.html
 

posted by mi at 12:09| ☁| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

真似が出来ないアイデンティティ

090623-03.jpg
 
数年ぶりにあたらしいMacを導入した。前回はG4の15インチPowerBookだったかな...。
 
今回は初めてのintel Macです。
 
販売店では、最近のiMacやMac Book, Mac Book Pro などを見ていたけど、田舎の量販店ではあまり売れない(?) Mac miniは置いていなかった。 この数年もそうだけど、やっぱりappleっていう会社は、個性が強い。
 
デザインの仕事でMacを知ってからもう20年になるだろうか...。 あの当時も、今もMacintosh(最近はこのブランド名はやめたらしいね)として独自の世界観をもっていることは凄い事だね。 多くのPCのハードウエアやあの巨人・●●●●●softのOS開発にさえ、影響を与え続けているappleはIT業界のパイオニアだ。
 
このMac mini にも驚かされた。
 
090623-04.jpgずっしりと重いこの大きさに、PCの機能を集約した事もすごいけど、、、、そのデザインは、もうその他のPCメーカーが近づく事さえ出来ないような孤高なスタンスさえ感じる。
 
だって、そうでしょ? ユーザーに簡単に内部にアクセスさせないような頑固なまでな主張。
それは、まるで... 「ハードウエアは購入時にあなた自身で拡張性を選んで、あとは作り手に任せてください!そのかわり、十分な使い勝手は約束しますから、あなたはあなたのPCライフを十二分に楽しんでください」...と言っているようでしょう。
 
たしかに、まだまだPCの技術や機能革新は続いていて、2,3年もすると大抵のPCは過去のものになりがちで、それを補うために”拡張性があります!”っていうオブラードに包んで消費者にアピールする。 大抵のPCは、そのためにあちこちにネジが見えていて、凸凹な筐体になり、デザイン性も未熟で、夏モデル、冬モデル、、、とか言って目先を変えないと売れないのだろうけど、appleはスタンスがちょっと違う。
 
この数年の消費者への浸透は、凄い物がある。これまでPCに直接関係していなかった極めて若い世代やWindows層の人たちまで凌駕するようなパーソナル機器の開発と普及。 そしてそれらがソフトの開発と一体化していて、親和性の高いappleのパソコンもそれなりの売上げを築いた。
 
その大きな原動力は、他の真似をしない、オンリーワンが主張できるデザイン性とコンセプトだと思う。
 
この小さなMac mini にもそれを感じるな.....。 背面を見ただけで、小さなボディーに似合わないようなたくさんのコネクター類。 しかも、それが配置や仕上げまでしっかりデザインされ、ため息が出るほどに美しい。 背面にまでデザインを完璧に処理するようなメーカーは、他に見あたらない。 それがappleというメーカーなのだ。
 
自分は仕事で、この数年Winに関わる時間の方が長いけど、リンゴマークから本当に離れる事が出来ないのは、appleがそうした孤高なメーカーだからだ。
 やるな、apple!
 
posted by mi at 10:53| 🌁| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

Made in Japan ウクレレ

090617-04.jpg
 
ちょっとマーチンのコンサートにも通じる雰囲気、でもこれ日本製ウクレレ。
 
エレキギターで人気の高いフジゲンが作る”ププケア”ブランド名のウクレレです。
シックな濃いめのハワイアン材を使用して明るくオレンジっぽい色の多いコアウクレレとちょっと雰囲気が違いますね。
 
ちょっとマホガニータイプのウクレレに見えますが、木目の美しさはやっぱりコア材ならではのもの。
 
ボディーのバインディングやネック、ヘッド回りにも美しいバインディングが施されていて、さすがに日本製を感じる作りになっています。
 
何でもウクレレの調整販売で信頼と人気のあるアキオ楽器さんのオリジナルブランドのカスタムモデルみたいです。
そそりますね.....笑
 

posted by mi at 11:41| ☁| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

40年前の材を使った新ヴィンテージ

090508-01.jpg
 
40年前と言ったら、、、、1960年代だ。

その時代に伐採してシーズニング(乾燥)させたマホガニー材を使用したというウクレレがこれだ。
アストリアス・ヴィンテージマホSoprano
 
この3月〜4月にかけて、ギターメーカーでも有名なアストリアスからソプラノサイズとコンサートサイズの2種類がそれぞれ限定で販売された。それぞれ数十本だったらしい。
 
どちらも、ひと月の間に全て完売したようだ。すごいね。
それも、そのはず丁寧な仕上げで定評のあるアストリアス製のウクレレ、しかも40年物のマホ材を使っていて5万円ちょっと(ソプラノもコンサートも)の実売価格だったのだから....。
 
同じような40年物のマホ材を使ったウクレレが他のメーカー製のウクレレならその倍はする。 そのあたりをよく知っているウクレレファンや、ビンテージXXXXという言葉に弱い人たちが、速攻で購入したらしい(笑)
 
自分はと言うと、最期まで無関心を装っていたんだ。
 
でも、その演奏音源を何度かWEBサイトで聞いたら、我慢できなくなりました(爆) 完売の市場を探しまくって、ようやく売れ残っていた1台を見つけてゲットしました。 自分は自分の耳に堪える良い音のウクレレにはめっぽう弱いのです(笑)
 
購入後、調整を済ませて非常に良い音で鳴り始めています。買って正解だったようですね。
そして、伝統的なマーチンスタイルのソプラノウクレレですが、ボディーバインディングは、一般的な樹脂ではなくメイプルバインディングを採用して、上質な雰囲気に仕上がっています。 まさに価格破壊な製品でした。
 
このウクレレは、それこそ全国で数十本しかない貴重なウクレレだそうです。
大事にしたいですね。
 
posted by mi at 13:37| ☔| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

差別化と個性化を上手に実現・コアロハ

090427-02.jpg
 
おにぎり型のサウンドホール、、、、知っている人なら直ぐに分る個性。

そう、ハワイのウクレレブランド・コアロハですね。
 
これはしばらく前のモデルのようです。伝統的な12フレット接続のコンサートモデル。
実に木目が美しいですね。 ハワイではコアの木が”神の宿る木”と言われるのが何となく分る気がします。
 
ボーディーから指板までふんだんにハワイアンコア材が使用されています。ネックはマホガニーの様ですが、全てがウッディーで実に自然の柔らかな感じが伝わってくる楽器です。
 
090427-03.jpg
 
指板のトップ=ヘッドとボディーとの接合部(指板エンド)もこの印象的なデザインが採用されています。

たぶん、ご想像の通りパイナップルでしょうね、おそらく(笑)
 
このメーカーは本格的にウクレレを生産始めたのは1995年と聞きますから割と若いメーカーなのにすでにハワイウクレレの3大メーカーと言われてます。 作りの丁寧さと、市場での人気の高さが上手く合致している結果なのでしょうか?
 
近年は、ウクレレも多数のメーカーが参入していて過剰気味。その中において、ブランド力を発揮するにはそれなりのデザイン力が必要ですよ。 技術だけでなく自分たちの存在をPR出来る製品作りは簡単にできるものではないのに、それを高い次元で実現しいているのがコアロハなのでしょうね。
 
良い意味で、目立つウクレレです(笑)
 
posted by mi at 18:52| ☔| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

細軸な機能美・LAMY logo万年筆

090409-03.jpg
 
ドイツの万年筆メーカーと言えば、モンブランやペリカンを思い出すが、今回初めてWEBで知り、そのデザインの良さから、LAMY万年筆を購入した。
 
LAMY/ラミー logo 万年筆 ステンレスヘアライン[L006]
 
090409-04.jpg価格は6千円台だが、その使い勝手とスタイリッシュなデザインの良さを考えると大変お買い得なペンだ。
軸の太さは、約10mmほど。ステンレスのヘアーライン仕上げで滑りにくく、指紋も付きにくくて大変具合がよい。
 
ペン先は<F>で細目だが、日本製のペンで言えば中字くらいの太さがある。でも、滑らかな書き味で好感度かなり高い。このペンを購入するに前に入手したのがLAMYサファリ万円筆。なんでも毎年限定カラーを発売するプラスチック軸の安価な万年筆だったが、これが驚くような滑らかな書き味だった。
 
その書き味の良さで、いっぺんにLAMY万年筆が気に入り、このペンも購入したわけ。
どうです?
国産のペンとはひと味違ったデザインのスタイリッシュ万年筆LAMY、一本いかがですか?
 
posted by mi at 18:13| ☁| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

スモールGibson

090321-01.jpg

Gibson Blues King.....
  
なにやら強そうな名前のギターだ(笑)
これで本当にブルースとか奏でたら格好良いのだろうなぁ!

大柄なボディーのギターが目立つギブソンアコースティックの中にあってひときはコンパクトなギターだ

かなりくびれたスレンダーギターに見える。
ショルダー部分やウエストのくびれに比べてヒップは大きめなデザイン

これはきっと、低音を引き出すためなんだろうな....。

サウンドホールのあるショルダー部分は割と細目だから音の出方は割と早そうだ。
アタックの効いた初音がシャリッと出ておきながら余韻として低音をしっかり乗せようといういう感じのデザインなのだろうか。
 

ヴィンテージなGibson L-00等よりも胴の深さが浅くなっているという。
あ、そうそう、アクティブピックアップも内蔵しているらしい。

ちょっと気になりすぎるぞぉ、、、、、、
 
posted by mi at 19:26| ☁| Comment(0) | デザイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

ボールペン並みの細軸万年筆・PILOTカヴァリエ

IMG_3017.jpg
 
 ある映画のシーンを見て久しぶりに万年筆を使ってみたくなり、1万円台のセーラーの万年筆を2本(黒と赤茶色の軸)通販で頼みました。
 名入れでお願いしてしまったのでその後2〜3週間かかるとのことで、まだまだ来る様子がないので、名入れ無しでパイロットの安い万年筆をさらにポチットしてしまいました。

 3.000円ちょっとで万年筆初めてのひと向けのエントリーモデル...しかもボールペンになれた現代人向けにボールペンと同じ軸の太さ(9mmほど)のスリムタイプです。こんなに細い万年筆に驚きました。

 楽天のお店で送料込みで2.200円ほど!安いっ!!
ペン軸の細さに比例してペン先もコンパクトだし、この価格なので14金も使用されず、合金ペン先だけど、書き心地はそれほど悪くないです。
 
 久しぶりの万年筆、、、、とても気持ちが良いですね。癒されます(笑) もう少ししたら、名入れの2本の万年筆が届き、それぞれ違う色のインクを入れようと思っています。
 
 ネットで検索したら、万年筆の雑誌がたくさん出ているし、10万、20万、50万なんて万年筆もごろごろあるんですね。すごいオタクの人たちもいるようです。驚きました。
も う、万年筆なんて、風前の灯火かと勝手に思っていましたが、とんでもないようです。
 
 雑誌やWEBの情報に感化されて、ペン画でもやってみようかなと思い始めました。
 30数年前、デザイン学生時代に少しかじりましたが、ペンの下書きに透明インクの色の重なりがとてもきれいなんです。
 
 また、新しい楽しみが見つかってしまいました...
posted by mi at 11:43| ☀| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ミニギター?存在感あるHEADWAY HCM-LR

090214-08.jpg
 
気になっていたミニギター・HEADWAY HCM-LR
 
しっかりした作りと、音の良さであちこちのWEBで評価が高いのを目にしていた。でも生産終了。
で、今回メーカーがそんな市場のリクエストに応えて(?)限定再生産したらしい。何でもマホモデルとローズモデルと200本ずつとか.....。
 
で、気になるので、やっぱり買っちゃいました!ローズモデル。
 
前モデルでは、全面単板で6万円台の価格設定だったらしいけど、今回はサイドとバックがラミネートに仕様変更されて4万円台のお手頃価格。そりゃ、まあ単板は良いだろうけど、この手のギターは気軽に転がしておいて、気ままに弾くのが信条だろうから、耐久性のあるラミネートでもいいかなぁ....と。
 
トップはしっかり単板のスプルース。販売店に頼んで良い目の物を選んでもらって、うっすらだけどトラ杢が入っている色白のスプルースです。きれいです。
 このトップが飴色になるまで使いこなせれば良いんだけど.....、飽きっぽうから、どうなるかなぁ(爆)
 
荷物を開封して、試奏。フム、フム、、、、まだ出来たての堅さがあるものの、アコギらしい鳴り方だなぁ...と感心してから、各部をチェックしてみると、中国製(たぶん)らしく塗装部分にちょいと....な部分を見つけたので、初期調整もかねてさっそく弦をはずす(笑)

090214-07.jpg 090214-05.jpg 090214-06.jpg
 
ナットを磨いて、指板を保湿して、ブリッジを調整(ピンエンド穴を磨く、弦誘導溝を加工)して、塗装のバリのあるボディー縁を磨いて、、、、、細かな部分を煮詰めて、美人さんになりました。。。。。

ナットがヤスリ掛けされたそのままだと見映え悪いですよ。きちっと磨いてピカピカなナットにして上げるとヘッド回りが一気に高級感が出てきます。嘘じゃないから、やってみて!(爆)

ネックはミニギターにありがちな、細すぎ感はなくて普通のアコギに近い握り心地で、ローポジの使い勝手も良い。重さは1500g少しあり、軽すぎず。ウエスタンタイプのくびれで膝上の座りも良いです。
 弦高は、12フレット1弦側2.5mm、6弦側2.7mmが工場出荷仕様だそうです。しばらくこのままで様子見ます。
 
ライバルモデル(?)のベビーテーラーと似たようなシルエットですが、シンプルなテーラーと比べて、こちらは手の込んだサウンドホールやボディー縁の装飾。ボディーのバンディングはマーチンタイプな樹脂の文様いりの外側に木製の2重の仕上げになってます。ペグはビンテージタイプのゴールド、ピックガードも鼈甲タイプだし、すごい豪華さです(笑)

まぁ、4万円でここれだけの内容なら、OKかな、、、、、。ウクレレだってちょっと良いものならこれより高いし(爆) このミニギターコストパフォーマンス、結構良いようです。
 
posted by mi at 13:00| ☀| Comment(0) | ちょっとイイデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

ペンコレクション...始まるかも

090211-02.jpg
 
昨日久しぶりの万年筆をポチッとしたばかりなのに、今日もまた1本ポチッとしてしまいました。
 
今日のも、セーラ万年筆ですが、これ。赤い方のやつを頼んじゃいました。

良心価格の万年筆やさん「万年筆キング
ブランド筆記具のショップ「バンテック

今日は休日で、カートリッジを詰まらせて書けなくした学生時代の万年筆を見つけ出して、付けペンとして試し書きしてみたの......。

そしたら、ペン字の柔らかな味わいを懐かしくなっちゃって、もうだめ(爆)
 我慢できなくなって、もう1本クラシックなデザインのやつを捜し出して通販しちゃいました。下の日記(角川映画・クローズドノート)のような茶色のインクも合わせてね....。
 
090211-05.jpg
 
こんな風に、あこがれて、、、、、(笑)

また、また、三日坊主を覚悟で日記でも書き始めますか、、、、は、あは。
 
090211-03.jpgでも、ほら、この機能的なデザイン、いいでしょ?!
 かなりクラシックでノスタルジックなデザインなんですが、、、、クラシカルなデザインと言えば、現代のように三次曲線やら、難しい加工技術を必要としない(使えない)中で、人間が持ちうるクラフト技術でできる極限のとぎすまされた形になる分けね。
 
だから、クラシカルなデザインの中にも”これは!”というような、現代人をひきつけるような物が存在するんだろうね、、、、、。
 
ペンって、、、、紙というメディアが発明されて、一般化した時にはじめて必要となってきたツールですよね。付けペンから始まって、今ではシャープやボールペンにだいぶシェアを奪われてるけど、現在の工業製品の精度や技術からしたら、最高のペンが生産されているわけでしょ?!
 
すごいよね。
 
かなり長いであろう、、、あるペンの歴史の中で、いまほど高機能な物が低価格で(?)供給されている時代はないわけで、そんな今、ペンを使ってみなければ、あなた!損でしょ?!(爆)

と言うわけで、皆さんもぜひペン=万円筆の生活を初めて見てくださいよ!
 
 
posted by mi at 18:01| ☀| Comment(1) | デザイン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする